私、失敗しないので!筋トレと有酸素運動の取り入れ方!

“筋肉”をつけながら“無駄な脂肪”は

付かないようにしたいと言う人もいるかと思いますが、

そんな時に“有酸素運動”を取り入れて効果を上げるためには、

どんな順番で行えばよいのでしょうか?調べてみました。

有酸素運動と筋トレの違い

まず、この二つの違いは、目的が違ってきます。

筋トレは、“筋肉を鍛える”ためのトレーニングです。

しかし、有酸素運動は“脂肪を燃焼”させるもので、

有酸素運動では筋肉は大きくなりません。

ですが、有酸素運動と一緒に行う事で、筋トレの質があがります。

*有酸素運動の種類

・スクワット

・ジョギング

・縄跳び

・踏み台昇降

・ラジオ体操

・水中ウォーキング

など・・・

筋肉を付けたいならどっちが先?

筋トレの効果を最大限に出したい場合は、

“筋トレを先”に行う方が効果的です。

なぜなら、トレーニングの効果を最大限に出すには、

疲労が無く集中する事が大切だからです。

筋トレをする時に大切なのは“綺麗な姿勢”を保つことですが、

疲れていると、姿勢も悪く“フォームも崩れ”効果が出にくくなります。

更に、筋トレをすると“成長ホルモン”と

“アドレナリン”が沢山分泌されるので“代謝が高い状態”になります。

筋トレ直後だと、最大48時間代謝が高まった状態が続きます。

また先に筋トレをすると脂肪が分解されますので、

筋トレ後に有酸素運動を行うと、

筋トレで分解された脂肪を効率良く燃やすことが出来る、と言う事になります。

逆に、有酸素運動を先にした場合は、

脂肪が効率的に燃焼するのに20分以上走らなければなりません。

それから筋トレをしても、

あまり脂肪は燃えないので効率が悪くなります。

ですから、筋肉を付けたいのなら、

“筋トレを先にして有酸素運動を後”にするのが効果的と言えます。

有酸素運動を先にするとダメなのはなぜ?

有酸素運動を先に行って、

筋トレをしても“アドレナリン”や

“成長ホルモン”が十分に分泌されないので代謝も余り上がりません。
更に、ジョギングは軽い運動だと思っていても全身の筋肉を使うので、

走る時間が長いほど疲れが溜まり筋トレの効果が出にくくなります。

また、有酸素運動を先に取り入れると

疲れが溜まって集中力が下がってしまいます。

ハードな筋トレをする時は“集中力”が大切になってきますので、

それが出来ないとケガにつながる可能性も出てくるので、

先に筋トレをした方が良いと言う事になります。

さらに筋トレをした後で行う有酸素運動に関しては、

疲れの度合いを考えて、“トレーニング内容を軽め”にするとか、

“時間を短め”にするなど、

無理のないトレーニングメニューを組むことが大切になってきます。

いかがだったでしょうか?

運動なら、どんな順番でもすれば良いような気がしますが、

順番でこんなに差が出来るんですね♪

あなたも効率よく筋肉を付ける為に実践してみてはいかがでしょうか?

 >>筋トレと併用してHMBを飲んでみるならコチラ!