教えます!あなたの知らない副作用・成分・過剰摂取の恐怖!

結論から言うと、副作用の心配はありません^^

薬ではなく、健康補助食品になりますので安心して摂取してください。

しかし、早く効果を出したいからと、

“過剰摂取”しても効果は変わりません。

筋肉が一度に摂取する量は決まっていますので、

余った分は、“脂肪となって蓄積”してしまうので、

逆に、太ってしまう可能性があります^^;

つまり、一日の摂取する量は守らなければなりません。

そこで、HMBの成分を調べてみましょう。

 >>金剛筋HMBの公式サイトはコチラ!

どんな成分で出来ているの?

【HMB】

ロイシンからわずか5%しか抽出で来ない希少な

“HMBCa”を業界トップクラスの2000mgとタップリ配合しています。

運動をすれば筋肉に負荷がかかるので、

筋肉をより大きくしようと、たんぱく質の合成が盛んになります。

この事と同じように筋トレで筋肉を沢山つけるための働きが、

HMBを摂取することで発生します。

HMBは“筋肉をつくる力”を高めてくれる働きをしてくれます。

【BCAA】

BCAAは、必須アミノ酸である

“バリン”“ロイシン”“イソロイシン”のことです。

この必須アミノ酸は人間が体内で作る事が出来ないアミノ酸です。

そこで、食事から摂取するタンパク質で作られている

アミノ酸の割合はBCAAが50%と高いものになります。

つまり、筋肉を作る為にはとても大きな役割を果たしているのと同時に、

逆に分解される量もかなり多いと考えられています。

そして、BCAAがなくなると、

“自分の筋肉を分解”してエネルギーとして使ってしまいます。

ですから、BCAAを摂取することで、筋肉中のBCAAが増え、

筋肉から使わられる必須アミノ酸量が減り、

“効率的に筋肉を作る”ことが出来るわけです。

【クレアチン】

クレアチンは筋肉内に存在していて、アミノ酸で出来ています。

クレアチンを摂取すると“持久力向上”や“疲労回復効果”があります。

また、水分を蓄えるので、筋肉が引き延ばされ、

より沢山のタンパク質を摂取する事が出来、筋トレ効果が上がります。

この様なことから、より長い時間、

大きな負荷をかけたトレーニングが可能になります。

HMBの成分はどれも、体内にあるもので作られているので、

副作用の心配はないと言う事になりますが、

過剰摂取をすれば逆効果になると言う事です。

そして、体質やアレルギーの関係で合わない場合もあるかもしれません。

少しでも、おかしいと感じたら

使用をやめて医師に相談されることをお勧めします。

まとめるとこうなった!

早く理想の体型になりたい!と言う気持ちも分かりますが、

決まった量を毎日摂取して、筋トレも続けて行う事で、

女の子に一番人気がある細マッチョになれるので、

“続ける”と言う事を頭において頑張ってください!

また、効果のあった人の多くは3ヶ月~4ヶ月は

続けて摂取して筋トレもされているようです。

これだけ、効果のあるサプリだと試したくなりますね♪

早く理想の体型になりたいのなら、

ただ筋トレだけをするのではなく、

この様なサプリも摂取しながら行う事も大切ですね♪

 >>HMBのサプリで筋肉を付けてみるならコチラ!