もう手放せない!金剛筋HMB!プロテインと徹底比較!!

筋肉を付けたいと思って筋トレに励んでいる人の多くは

“プロテイン”を摂っているかと思います。

それは筋トレで破壊された筋線維を回復させるためですが、

その“プロテイン”より効率よく

筋肉の回復を助けてくれるのが、“金剛筋HMB”になります。

今回は金剛筋HMBとプロテインを色々な角度から比較していきたいと思います。

 >>金剛筋HMBの公式サイトはコチラ!

金剛筋HMBとプロテインの比較

❶役割

【金剛筋HMBの役割】

金剛筋HMBは破壊された筋肉を修復するために、

タンパク質を作るように指示を出す役割や

筋肉の分解を抑制する効果があります。

筋トレを始めたばかりの人が効率よく筋肉をつくるのにオススメです。

【プロテインの役割】

プロテインは破壊された筋肉を回復させて、

“筋肉量を増やし維持”するために必要なタンパク質です。

また、筋肉を作るのには、必須アミノ酸が必要になりますが、

大量の食事から摂らなければいけないたんぱく質を、

プロテインなら手軽に摂れると言う事です。

金剛筋HMBとプロテインの違い

【金剛筋HMB】

HMBはたんぱく質が分解されて出来たアミノ酸の一つである

“ロイシン”が体内で作られた代謝物なので、食品から直接摂取はできません。

そして、HMBは少量でも体内で活躍できます。

【プロテイン】

プロテインはタンパク質を豊富に含んでおり、

脂身や少ない肉などでも代用できます。

しかし、筋肉を大きくするには、沢山摂取しなければいけません。

❷目的

【金剛筋HMBを飲む目的】

運動をすれば筋肉に負荷がかかるので、

筋肉をより大きくしようと、たんぱく質の合成が盛んになります。

この事と同じように筋トレで筋肉を沢山つけるための働きが、

HMBを摂取することで発生します。

HMBは“筋肉をつくる力”を高めてくれる働きをしてくれます。

例えば、運動をしないと筋肉は落ちますが、

HMBを摂取すると“筋力は維持”されます。

次に、運動をした場合筋肉は作られますが、

HMBを摂取する事でさらに“筋力の大幅アップ”の効果が得られることが出来るのです。

【プロテインを飲む目的】

筋肉をつけるのに大切なタンパク質ですが、

タンパク質は20種類のアミノ酸で出来ていますが、

その中の必須アミノ酸と言われる9種類は食事から摂るしかありません。

1種類でもアミノ酸が足りないとたんぱく質が合成出来ないのです。

しかし、どの様な食事を摂れば良いのか分かりませんよね。

そこで、無駄なカロリーを摂ることなく、

効率的にタンパク質を摂ることが出来るのがプロテインということになります。

しかし、“プロテインを取り過ぎ”ると、

余分なタンパク質はカロリーが高いため、肥満になるリスクが高まります。

まとめるとこうなった!!

【金剛筋HMB】

*“タンパク質を作るように指示”を出す

*“筋肉の分解を抑制”

*食品からの直接摂取はできない

*“少量”でも体内で活躍できる

*“筋肉をつくる力”を高めてくれる働きをしてくれる

【プロテイン】

*“筋肉量を増やし維持”するために必要なタンパク質

*手軽に摂れる

*食事で代用できる

*“沢山”摂取しなければいけない

*効率的にタンパク質を摂ることが出来る

金剛筋HMBとプロテインの比較を

してきましたが、如何だったでしょうか?

結局、理想の体型になりたい!

と思うなら筋肉を作る力の作用のあるHMBを摂取し、

大きな筋肉を作るのであれば、

プロテインも摂らなければいけないと言う事になりますね。

 >>金剛筋HMBの公式サイトはコチラ!